So-net無料ブログ作成
庭の植物たち ブログトップ
前の20件 | -

ヒナソウの手入れをする!       [庭の植物たち]

昨春「川越スカラ座」で『まわる映写機 めぐる人生』の上映していただいた時、高校時代の友人と一緒に「喜多院」へ行きました。
「喜多院」は春祭り開催中で出店が出ていて、そこで思わず買い求めた「ヒナソウ」
小さな小さなかわいい花が咲きます。

084 ヒナソウ .jpg

同じような株を買ったのに、今はこのようになりました。
左が白花、右が青花(紫の花)

085 ヒナソウ .jpg

白い花を咲かせた「ヒナソウ」の葉はなんだか規則正しい感じで、丈も伸びないままです。

086 ヒナソウ .jpg

紫の花を咲かせた「ヒナソウ」はどんどん伸びて、冬になって枯れ始めました。

087 ヒナソウ .jpg

このままではだらしないと思って、鉢の周りを一周する感じで大胆に切ってしまいました。
結構な量の葉です。
一瞬、土の上に置いたら根付くかもしれないと思いましたが、試みるのは止めました。

088 ヒナソウ .jpg

さっぱりした「ヒナソウ」です。
花が咲くのは春なので、これから新芽が伸びるのではないかと思っています。
初めて育てる植物にはハラハラドキドキします。

592  ひな草白 .jpg

昨年、購入して鉢に植えがばかりの「ヒナソウ」です。
小さな小さな花が、今年も咲いてくれますように!

昨日は疲れてしまって、横になったら起き上がれずブログの更新をお休みしました。
問題は解決せず、強度の規格がないことから法的なバックアップも得らず泣き寝入り? ということが圧し掛かっている・・・。でも、自分のからだが納得していない。

nice!(33)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヒメリュウキンカの芽を発見!    [庭の植物たち]

今朝9時を過ぎた頃から、みぞれが降り始めました。
その後、すぐに雨になりましたが、しとしとと降り続いています。
この冬一番の寒さ!と言っても0度以下にはなっていません。

082 ヒメリュウキンカ .jpg

「ヒメリュウキンカ」の芽を発見したのは数日前。
「ヒマラヤユキノシタ」の枯葉をどかしたら、艶々の小さな芽が出てきました。

083 ヒメリュウキンカ.jpg

「ヒメリュウキンカ」は「姫立金花」と書きます。
「姫」は小さいという意味。
黄色の花が金貨のようだということでしょう。
そして、小さな花ですが輝くように咲くので、その姿が目立つのです。

植物に名前を付けるのは誰がどのように付けるのか分かりませんが、「座布団1枚!」と言いたくなるような名前だと思っています。

056 キルタンサス.jpg

冬の寒さの中、けなげに咲き続けている「キルタンサス」
ご近所でも見かけました。

小さな芽の画像2枚だけでは寂しいので、満開の姿を再度ご紹介します。
花だけ見ると春のようです。
左端にちょっと写っているのは「イソギク」の赤い葉。

昨日は浅草で「ヨーガ勉強会」の後、気の合う仲間と乾杯しました。
新年会と、教師試験に合格した仲間のお祝いも兼ねての飲み会でした。私のからだはここのところ、色々な負担が押し寄せていて、それに気づいてか、友人の一人が気を送って励ましてくれました。ありがとう!
今日は編集をがんばりました。

nice!(37)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イソギクの紅葉・続編    [庭の植物たち]

「イソギク」の葉が赤くなるのを知らなかったとか、とてもきれいな色になるのですねと感激してくれた友人が居るので「イソギク」の紅葉続編をお届けします。

057 イソギク.jpg

1月4日のブログで「イソギク」の葉が赤くなり始めたことを報告した時は、まだ花が残っている状態でした。
その後、冬芽を育てるためにも花を切ろうと思って、花を切った状態です。

058 イソギク .jpg

下の方から葉が枯れ始めていますが、葉全体が赤くなりました。

059 イソギク .jpg

水遣りをした後の「イソギク」の葉です。
濡れた葉にお日さまが当たると、このようにきれいな赤い色になります。
いつも思うことですが、自然の色は美しい!!!

060 イソギク .jpg

そして、根元には冬芽ができていました。
ちゃんと白い淵があります。
この芽を育てると、今年の秋に花を咲かせます。
元気な冬芽がたくさん出ると良いのですが、どうなるでしょうか?

「イソギク」の葉が赤くなったという報告ブログはこちら↓
https://harunoumi.blog.ss-blog.jp/2020-01-04

今日は「さいたま市消費生活センター」へ相談へ行ってきました。
専門の相談員さんが相談に乗ってくれましたが、すぐに結論が出るような問題ではなく、商品テストをするとか、弁護士さんに相談するとか、そういう展開になりそうです。

私自身は一人で抱えていた問題を第三者に話すことができたので、話すために資料も作り、色々なことを整理できたし、後は県の消費生活センターの回答待ちをします。
残念ながら弁護士の友人はいないので、市の無料相談の予約を取るところから・・・。
なかなか大変ですが、私は『まわる映写機 めぐる人生』のプロデューサーなので全責任を負わなければならないと思っています。

nice!(32)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

白のクリスマスローズが咲き始めました!    [庭の植物たち]

10月に一回り大きな鉢に植え替えた白い花が咲く「クリスマスローズ」
土すれすれのところで開花してしまいました。
もう少し茎が伸びてから開花してほしかったのに・・・。

062 クリスマスローズ .jpg

土すれすれで開花してしまった「クリスマスローズ」
開花の時期は昨年と変わらないので、植え替えのせいなのか、気候変動のせいなのか、分かりませんが、もう少し茎を伸ばして咲いてほしいなぁ~と思っています。

063 クリスマスローズ.jpg

一重の白の「クリスマスローズ」は下向きに咲く姿がとても清楚な感じでお気に入り。
後ろに写っている蕾も土すれすれのところで膨らんでいます。
下向きに咲くのは無理?

064 クリスマスローズ .jpg

右のとがっているのが「クリスマスローズ」の芽です。
八重の紫檀色とでもいうのでしょうか、紫と赤が重なったような色の花を咲かせる「クリスマスローズ」はいつも、白花より遅れて咲きます。

花芽だと良いのですが、葉だけという場合もあるので、しばらくはドキドキワクワクで観察を続けます。強引な株分けをしたにもかかわらず、何とか生き延びてくれたようで安心しました。今は亡き友人からのプレゼントです。

今日はいつもの「ゆるりヨーガ」で、予定通り「牛面のポーズ」を行いました。
足の準備体操も、手の準備体操も行ったのですが、なかなか難しかったようです。
特に足を組めない方が多かったので、足はできていることにして手をすることにしました。手は背中で結ぶのですが、こちらもできない方が多かったようです。私からは見えないので、できたことにして背骨をしっかりと立てていただきました[わーい(嬉しい顔)]
お部屋を朝から温めておいてくださったので、皆さんの頬がピンク色に染まりました。
寒いこの時期に、暖かな和室でのびのびとヨーガができることに感謝!

nice!(37)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ラン達に蕾ができている!    [庭の植物たち]

父の使っていた机の上に並べた植物たち。
「カランコエ」もあれば、増やした「パキラ」も。ラン系の植物たちも並べています。
昼間は障子を開けてお日さまを浴びてもらっています。

061 ラン .jpg

机の上の植物たち。
12鉢が所狭しと並んでいます。

053 デンドロビウム .jpg

「デンドロビウム」に蕾らしきものができています!
株分けして2鉢あり、毎年咲いてくれます。

055 キンギアナム .jpg

「キンギアナム」にも蕾らしきものが・・・。
このまま伸びて花を咲かせてくれそうでワクワク!

054 セロジネ .jpg

従兄から貰った「セロジネ」は昨年に続いて花芽ができたようです。
脇に飛び出しているのが花芽です。いくつか出ているようです。

昨年は初めてだったので、これはなんだろう?と思って観察していましたが、今年は「花芽」だと確信できます。
譲り受けたものなので花を咲かせてくれると嬉しい報告ができます。

今日は「消費生活センター」へ行くつもりだったのですが、持参する資料を作っているうちに時間がどんどん経過してしまって、出かけるタイミングを逸してしまいました。
早く解決したいけれど、長引くのは嫌なので、きちんとした説明ができるように準備をして行こうと考えたのです。

明日は「ゆるりヨーガ」の日。
毎年初回は「太陽礼拝(スーリヤナマスカーラ)」をして、次の回は干支にちなんだアーサナを行うようにしているのですが、ネズミのアーサナは知らないので、来年の干支「牛」にちなんで「牛面のポーズ(ゴームカアーサナ)」を行うつもりです。

ヨーガの前半は毎回同じにしていて、自身のからだの状態を観察してほしいと思っています。でも、それだけでは飽きてしまうので後半はあれこれ工夫をして行うようにしているのです。

nice!(37)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カランコエが咲き始めました!    [庭の植物たち]

実家へ戻った時にプレゼントで頂いた「カランコエ」
今年も花が咲き始めました!

050 カランコエ .jpg

外に置いて1鉢ダメにしてしまったこともある「カランコエ」
今年は昨年挿し芽をした鉢を加えて3鉢を部屋の中に入れています。
父が使っていた机は冬の間は「ラン」を中心にした植物置き場になっています。

051 カランコエ .jpg

蕾ができたことをブログに報告した後、間もなく色付き始め開花しました。

052 カランコエ .jpg

販売されている「カランコエ」のように一斉に花は咲きませんが、これから徐々に開花し、しばらくの間咲き続けてくれます。

今日も編集作業。
ヨーガでリフレッシュしたのでサクサク進むはずが、ちょっと考え直してワンカット、クッションになるカットを入れようと思って、そのカット捜しで手間取りました。

明日はずっと抱えているトラブルの解決のために出かけようと思っています。
暮れの体調不良も、胃が痛くなるのも、このトラブルが原因だと思っています。編集も急がなければならないのですが、こちらも解決しないと精神衛生上よくないと思っています。
詳しくは書けませんが、トラブル解決を祈ってください。

昨日「身近に成人式の人はいない」と書いたのですが、なんとお隣のお嬢さんが成人式でした。保育園時代からの友達と二人、美しい振り袖姿を見ることができました。
おめでとうございます! たくさん良いことがありますように!
私にも成人式(参加しなかったけれど)があったのよね!なんて思いました。

nice!(33)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

実生のシクラメン成長記    [庭の植物たち]

「シクラメン」に種ができてビックリして、初チャレンジした種蒔き。
他の植物では実生にチャレンジしたことがあるけれど、「シクラメン」は初めてなので、育つのかなぁ~と心配しながら観察を続けています。

046 シクラメン .jpg

3年目の親の「シクラメン」は小さな蕾ができた状態です。
昨年、植え替えをして一回り大きな鉢にしたので、きっと今年もたくさんの花を咲かせてくれると思っています。

047 シクラメン .jpg

成長しました!と言っても、、まだまだミリ単位の大きさの葉です。

049 シクラメン .jpg

芽の数もずいぶん増えました。

048 シクラメン.jpg

しっかりした葉になっているものもあります。
この葉の大きさが7ミリくらいです。
一つか、二つは育ってくれるかなぁ~と思っています。

シクラメンの種採取のブログはこちら↓
https://harunoumi.blog.ss-blog.jp/2019-06-27-1

シクラメンの発芽報告のブログはこちら↓
https://harunoumi.blog.ss-blog.jp/2019-12-09

今日は予定通り川口のリリアへ出かけ、今年最初の「ヨーガ定例研修会」に参加しました。
編集はできなかったけれど、気分を一新して明日は編集!
身近に成人を迎える人は居ないけれど、成人を迎える皆さん>おめでとうございます!

nice!(34)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マユハケオモトに実ができた    [庭の植物たち]

「マユハケオモト」は「眉の刷毛の万年青」と書きます。
父がご近所さんから頂いて増やし、我が家にも別けてくれて育てていました。
今は息子の暮らすマンションと私の暮らす実家の両方にあります。

042 マユハケオモト.jpg

刷毛のように見えるオシベの集合のような花だった「マユハケオモト」も、満開の後はだんだんオシベが縮んできます。

043 マユハケオモト.jpg

すっかりオシベが枯れた状態。
育て始めの頃は花後そのまましぼんでしまったように記憶しています。
茎ごと萎れてしまうこともありました。

044 マユハケオモト.jpg

「赤い実がなりますよ!その実を育てるとかわいい子供のマユハケオモトが育ちますよ!」と、ブログ仲間のレモンさんに教えていただきました。
それからはオシベが枯れたようになっても切らずにいます。

045 マユハケオモト.jpg

奥に実ができていることが分かるようになりました。
まだまだ大きくなります。そして、赤くなります。
実が赤くなるまで時間が掛かるので、赤くなったところで改めて紹介したいと思います。

今日も編集作業。
2枚になるのか、3枚になるのか、分かりませんが、2枚目のヨーガの編集に入りました。
先が見えないのでちょっと苦しい。

明日は今年最初の「ヨーガ定例研修会」があるので気分転換を兼ねて出かけ、ヨーガをゆっくり行って、からだを労わろうと思っています。

nice!(34)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

枯れたミヤマラッキョウを切る    [庭の植物たち]

「フウチソウ」と一緒に「ミヤマラッキョウ」もみすぼらしい姿になっていたので、枯れた葉や花を切ることにしました。

034 ミヤマラッキョウ .jpg

たくさんかわいい花を咲かせてくれた「ミヤマラッキョウ」ですが、花が終わって冬になると、このような姿になってしまいました。

035 ミヤマラッキョウ .jpg

せっせと糸のような枯れた葉を切ったのですが、3鉢目(右端)に入ったら疲れてしまって、実験も兼ねて(言い訳)全部切ってしまうことにしました。
ちょっと反省中です。

036 ミヤマラッキョウ .jpg

緑の葉も交じっている切った葉や花たち。

1528 ミヤマラッキョウ .jpg

昨年の11月のブログで紹介した「ミヤマラッキョウ」の花です。
小さな蕾の中から花火のように開く可愛い花が咲きます。

「ミヤマラッキョウ」の成長記ブログはこちら↓
https://harunoumi.blog.ss-blog.jp/2019-11-11

037 カマキリの卵.jpg

「ワレモコウ」の枝に産み付けられた「カマキリの卵」です。
12月に地植えの「ワレモコウ」を根元から切った時に、「カマキリの卵」の付いている枝を残して近くの樋に立て掛けました。
無事に赤ちゃんカマキリ誕生となりますように!

今日は「試写用のDVD]を無事5人に投函。
郵便局経由でドラッグストア、100円ショップ、LOFT、本屋と買い物をしました。明日から2枚目のDVDの編集に取り掛かります。全体の流れはイメージできているのですが、長さがどうなるのか分からない状態です。繋ぎながら考えようと思っています。

nice!(30)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

枯れたフウチソウを切る    [庭の植物たち]

「フウチソウ」は「風を知る草」と書きます。
この名前だけで魅力を感じませんか? 風に揺れる姿が魅力です。

031 フウチソウ .jpg

枯れた「フウチソウ」です。
しっかり根元まで枯れたようなので切ることにしました。

032 フウチソウ .jpg

根元からバッサリ切ります。

033 フウチソウ .jpg

2鉢分の「フウチソウ」の枯れた葉です。

040 フウチソウ .jpg

紹介しそびれていたので緑の葉の頃の「フウチソウ」をご紹介します。
花芽が出始めた夏の頃の「フウチソウ」

041 フウチソウ .jpg

秋になって花が咲いた「フウチソウ」
目立たない花ですが、花の咲いた時に揺れる姿も趣があります。

今日は朝から編集。
やっと、プロジェクトを二つに分けて文字情報を入れた状態の粗編が完成しました。1時間8分と48分。最終的には1枚のDVDにするつもり。2台のカメラで撮っているので編集が複雑になり大変でした。試写用のDVDを各5枚ずつ書き出しました。
構成原稿の打ち直しをすれば、明日、投函できると思います。
やっと、3分の1まで辿り着けたかな? 
まだまだ先が長いのに、次の編集の話が持ち上がっています。なんとか乗り切れるのか、編集を引き受けるのか、結論を出さなければなりません。

nice!(36)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シロヤマブキの黒い実    [庭の植物たち]

「ロウバイ」の葉も何時までも残っていましたが「シロヤマブキ」の葉も残っていました。
やっと、葉が落ちて黒い艶々の実が目立つようになりました。
小鳥さんには「黒」も目立つ色らしいのですが、食べる気配はありません。

028 シロヤマブキ.jpg

「シロヤマブキ」の実です。
白い花なのに黒い実ができます。

029 シロヤマブキ .jpg

花びらは4枚で、実もほとんどが4つセットです。
黄色の花を咲かせる「ヤマブキ」の白い品種だと思っていましたが、全く別の種類だそうです。だから花びらの数も違っていたのですね。
「シロヤマブキ」は「シロヤマブキ科シロヤマブキ属」(1科1属)だそうです。

030 シロヤマブキ .jpg

黒い実を小枝ごと切って、小さな花器に挿して、いつも飾っています。
もう少ししたら今年も切ろうと思います。

今日は「ゆるりヨーガ」の初日でした。
いつも最初のヨーガの時に「太陽礼拝」を「マントラ」のCDを掛けながら行っています。
資料も作り、参考になりそうな新聞のコピーも用意して、いつもより少し早く家を出たのですが、駅に着くと人の流れが変! 嫌な予感がしました。
事故で電車が止まっていたのです。駅に向かって歩いている間の出来事だったようです。動かない電車でじっと待つしかありませんでした。
駅まで迎えに来ていただいたり、不調のCDラジカセを見ていただいたり、色々な方に助けていただいて、何とかヨーガの初日を終えました。感謝[黒ハート]

nice!(36)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エンゼルランプの蕾    [庭の植物たち]

霜に直接当てなければ、室内に入れるより外で冬越ししたほうが美しい色の花が咲くことが分かった「エンゼルランプ」
今年も2階のベランダ(屋根がある)に置いています。

026 エンゼルランプ .jpg

屋根のない場所から屋根のある場所に移動したのは11月中旬でした。
すでに小さな蕾ができていました。

025 エンゼルランプ .jpg

伸びた枝を挿し芽にした鉢にも、なんと蕾ができていました!
ということで、今年は3鉢の「エンゼルランプ」の花が咲きそう~!
楽しみです。

024 エンゼルランプ .jpg

昨日撮影した「エンゼルランプ」
少しですが蕾が大きくなっていることが分かります。

023 エンゼルランプ .jpg

「エンゼルランプ」の花が咲くのはもう少し先になりそうですが楽しみです!

今日は今年最初の「陶芸サークル」でした。
新しい土「信楽の新並漉」(白土)が4キロずつ配られました。前の土も残っていたのですが、新しい土で「板作り」に挑戦。

027 木の葉板皿.jpg

入れ子になるように4枚の「木の葉板皿」を作りました。以前、うまくいった「木の葉板皿」を参考に型紙を作り、それを10%ずつ拡大コピーして4枚の型紙を作りました。
残りの板状の土でクッキーの型を使って「箸置き」を4種6個ずつ製作。
今年の陶芸は「遊ぶ」をテーマに、いろいろチャレンジしてみようと思っています。

nice!(39)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロウバイはまだまだ蕾    [庭の植物たち]

我が家の「ロウバイ」は2ヶ所に植わっていて、一つは南側で、一つは北側です。
いつも南側の「ロウバイ」」が先に咲いていたのですが、お隣が建て直しになってガス給湯器の熱風が当たるようになってしまいました。
元気がありません。

020 ロウバイ.jpg

北側の「ロウバイ」です。
今年は暖冬のせいか、最近まで葉が落ちずにいました。
全部の葉が落ちて、たくさんの蕾ができていることが分かりました。

021 ロウバイ .jpg

まだまだ小さい蕾です。

022 ロウバイ .jpg

「ロウバイ」の花が開くのを楽しみに観察しようと思います。

今日も編集作業。なかなか先が見えません。
私の学んでいる「ヨーガ」には「簡易体操」と「手と足の基本体操」があるのが特徴です。他の「ヨーガ」にはないのと、この「簡易体操」と「基本体操」が健康を支えてくれる「ヨーガ」だと思っています。
日々、私が行っているのも「簡易体操」と「基本体操」です。
その部分の編集は終わったのですが、全体の3分の1くらいでしょう。まだ、その後の構成案も浮かばない状態なのです。

トラブルに巻き込まれて気持ちも凹んでいます。
私のミスではないので、なんとか良い方向で解決に進むように願っています。

nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イソギクの葉が赤くなる!    [庭の植物たち]

「紅葉」というと木々の「紅葉」が浮かびますが「イソギク」の葉も赤くなります。
落葉公葉樹が落葉に前に色が変わることをいうので、「イソギク」の場合は「紅葉」にはならないのかな?と思ったりています。

009 イソギク .jpg

花が萎れてきた「イソギク」
他の「キク」のように大きな花びらがないのも特徴です。

011 イソギク .jpg

下の方の葉からだんだん赤くなります。
他の「キク」の葉は、みな黄色くなって枯れます。
今年は暖かいので赤みがいまいちかな?と思っています。

010 イソギク .jpg

特に淵に白い部分がある葉なので赤くなると、その淵の白が目立ちます。

012 イソギク .jpg

花を楽しんで、葉でも楽しめる「イソギク」
他の「キク」同様、赤くなった葉は枯れてゆきます。

他の「キク」と同様切り詰めて、冬芽を育てたほうが良いのだろうと思うのですが、赤い葉も楽しみたいと思っています。花の部分を切ることで妥協しようとかと思っています。

2・3日と編集をしたので、今日は気分転換も兼ねて「世田谷美術館」へ行ってきました。
友人の友人の作品がライブラリー前のスペースで無料公開されているので、それを見に行ってきました。
私も何時かはチャレンジしてみたいと思っている「ボタニカルアート」
多くの方は美しく咲いた花を描くと思うのですが、木々の葉や今回は「神の仕業ー下仁田ネギの一生」の絵を精密にテンペラで描いていました。ステキだった!

砧公園は家族連れで一杯! 
お正月休みの最後を家族で過ごしている方がたくさん居ました。

nice!(40)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カランコエに蕾ができました!    [庭の植物たち]

花の少ないこの季節は蕾が気になります!
「カネノナルキ」に続いて、蕾ができているのは「カランコエ」
友人が、実家に戻った時に「引っ越し祝い」にプレゼントしてくれたもので、今年で13年目を迎えます。

006 カランコエ .jpg

「カランコエ」は室内に入れています。
一度、外で冬越しできないかと試して1鉢ダメにしてしまいました。
なので、今年は3鉢とも室内に入れています。

007 カランコエ .jpg

蕾はお日さまの方に向かって茎が曲がるので、時々、鉢ごと回転させています。
植物に目がある訳でもないのに、なぜ、お日さまが分かって、しかもお日さまに向かって曲がるのだろうと思っています。
細胞の大きさを調整して曲がる???

008 カランコエ .jpg

こちらは、曲がって伸びた茎を切り詰めて挿し芽で増やしたもの。
去年増やしたこの鉢だけ、今のところ蕾を付けていません。
これから蕾ができるのか、花は咲かないのか、観察を続けます。

今日は編集!
なかなか思うように進みませんが、遅れを取り戻すべく、がんばっています。

nice!(31)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カネノナルキに蕾ができました!    [庭の植物たち]

何か縁起の良いことを書きたいと思いを巡らせました。ありました!
「カネノナルキ(金の成る木)」に蕾ができました!

001 カネノナルキ .jpg

屋根のあるベランダに置いている「カネノナルキ」
外に置いて冬越ししても大丈夫なことが分かったので、今年も外に置いています。

根切り虫の被害に続けてあったりするなど受難の「カネノナルキ」
植え替えてあげようと思いながら果たせなかったのに、蕾ができました。

005 カネノナルキ .jpg

蕾の数は少ないけれど、蕾ができて嬉しい[わーい(嬉しい顔)]

003 カネノナルキ .jpg

よくぞ、がんばりました!

002 カネノナルキ .jpg

よく「カネノナルキ」の花が咲かないと聞きますが、特別なことはしていないのですが15年ほど咲き続けてくれています。
父が亡くなった年に初めて咲いて、母が「何か良いことがあるかしら?」と言っていたのを覚えています。

004 氷川神社の絵馬.jpg

「氷川神社」に飾られていた「絵馬」です。
元旦は息子と一緒に大宮駅の反対側にある「氷川神社」に初詣に行ってきました。
「武蔵國一ノ宮氷川神社」は日本で一番参道が長い(?)そうで、両脇に延々と屋台が並ぶことでも有名です。
屋台も、人混みも、苦手な私にとっては、子どもの頃からお参りに行っているから行くという感じですが、昨日もすごい人出でした。

家から歩くと3キロ以上あると思いますが、毎年歩いてお参りに行っています。
子どもの頃のことを思い出すと、後年膝の痛みに悩んでいた祖母と一緒に何度も歩いていて、その当時の祖母の年齢を考えると、私もまだまだ元気に歩かなければと思いました。

毎年、2日に訪ねてくれていた姉が今年は来られないので寂しいお正月になりました。
年末に編集ができなかったので、遅れを取り戻すためにこれから編集を始める計画でいます。
みなさま、良いお正月をお過ごしください。

nice!(39)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マンリョウの実も赤くなる! [庭の植物たち]

「マンリョウ(万両)」の実も赤くなりました。
これで冬の我が家の「赤い実3種」が勢揃いしました。

1785 マンリョウ .jpg

「マンリョウ」の実も、最初は少し緑掛かった白色をしています。
そして、だんだん赤く色付きます。

1786 マンリョウ .jpg

「マンリョウ」の木は何か所かにあって、この「マンリョウ」は私が実家で暮らすようになってから育ったもの。
小鳥さんのプレゼントです。
狭い場所で芽を出して移植することもできません。

1787 マンリョウ .jpg

「マンリョウ」の実がきれいな赤い色になったのは最近のこと。艶々しています。
でも、最後まで残っていることが多い実です。

1646 センリョウ .jpg

こちらは「センリョウ」
小鳥さんがあっという間に完食してしまいます。

1652 ヤブコウジ .jpg

こちらは「ジュウリョウ(別名藪柑子)」
我が家にあるのはこの三種です。

「マンリョウ」「センリョウ」「ヒャクリョウ」「ジュウリョウ」「イチリョウ」と縁起の良い名前の植物があります。
「ヒャクリョウ(百両)」は「カラタチバナ(唐橘)」の別名。
「ジュウリョウ(十両)」は「ヤブコウジ(藪柑子)」
「イチリョウ(一両)」は「アリドオシ(蟻通)」の別名です。
縁起を担いで(?)庭に全部を植える人もいらっしゃるそうです。
「マンリョウ(万両)」と「センリョウ(千両)」は正式名称です。

今日はストーブを活用してお豆を炊きました。
ということで、編集をしながら大掃除やお料理をしなければならないので、今年のブログの更新は今日で終わりにします。
小鳥に食べられず「センリョウ」の赤い実が残っているのでお正月を活けることにします。
皆さん、良いお年をお迎えください。

nice!(39)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

美しい色のヤブランの実    [庭の植物たち]

斑入りの「ヤブラン」は涼しげな葉をしているので、一年中葉を楽しめる植物です。
小さな花の後、小さな実ができます。
その小さな実の、色の変化がとても楽しいのです!

1781 ヤブラン .jpg

最初は葉と同じ白と緑の実。

1782 ヤブラン .jpg

白い部分がだんだん紫色になります。

1783 ヤブラン .jpg

どんどん紫が濃くなって、濃い紫から濃紺へ。

1784 ヤブラン .jpg

そして、現在はこのように一見すると真っ黒な実になりました。
最後は本当に真っ黒になります。

今日は今年最後の皮膚科受診。混んでいました。
病院で「来年もよろしくとは言いたくないけれど・・・」と言うと、ドクターが笑って「お大事に!」と言ってくれました。

姉から電話で頼まれた靴を探して大宮駅の西口と東口を回ってみました。病院にお見舞いに行った時に私が履いていた靴と同じようなものがほしいというのですが、季節が変わって夏ぽい靴だったので見つかりませんでした。
逆にネットで探したほうが見つかるかもしれません。
だったら、私より姪の方が適任ですね。

姉は月曜日に診察を受けて「歩き方が安定するまであと半年はかかる」と主治医から言われたそうです。それでも、孫の相手ができるので退院して良かったと言っていました。

nice!(32)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

簡単に増えるサンセベリア  [庭の植物たち]

一時期、空気を清浄するとか、電磁波を吸収するとか、話題になった「サンセベリア」
マイナスイオンを出すそうです。
「トラノオ(虎の尾)」と言った方が分かりやすいでしょうか?
よく見かける観葉植物です。

1777 トラノオ.jpg

パソコンの横に置いている「サンセベリア」
マンションに置いたままにしていたら、根元が腐っているに気付きました。
かわいそうだと思って捨てずに、その部分を切って水に挿して置いたらどうなるかなぁ?と実験した結果がこのようになりました。すごい生命力!
なので、1枚の半分くらいの丈しかない状態から今の形になりました。

水をあげ過ぎず室内で育てるのがコツ。
なので、めんどくさがりの方にお勧めの植物です。

1778 シャコバサボテン.jpg

たった1枚の「トラノオ」の画像だけでは寂しいので、満開を迎えた「シャコバサボテン」を再度ご紹介します。
とってもきれいに咲いています。

1779 シャコバサボテン.jpg

「シャコバサボテン」の花を横から撮ってみました。
3部構成になっていると以前のブログに書きましたが、横からだとよく分かると思います。

1780 シャコバサボテン.jpg

濃いピンクの「シャコバサボテン」も横から撮ると白ぽい部分もあることが分かります。
早く咲いた花から徐々に萎れてきます。
その花殻を摘めば、小さな蕾が育って新しい花が咲きます。
なので、花殻摘みをお忘れなく!

今日は「ゆるりヨーガ」の最終日でした。
一人お休みの方がおられましたが、たくさんの方が参加してくださいました。1年間休まずにヨーガの指導ができてほっとしています。

週に1度拘束されるのは自由業の私にはなかなか大変なことですが、この日があるために体調管理にも気をつけるので、自分自身の健康にも役立っていると思って感謝しています。
さぁ、大掃除だ~!となればよいのですが、もう少し編集をがんばろうと思っています。

nice!(26)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パキラは挿し木で増やせる!    [庭の植物たち]

大きな葉が印象的な「パキラ」
何本かをねじるように仕立てたり色々な形で売られていて、ファンの多い観葉植物です。
マンションで伸び過ぎた1本から増やしています。

1772 パキラ .jpg

伸び過ぎた「パキラ」を切りました。
このようにどんどん伸びます。
半分くらいのところで切って水に挿して暫く置いておきます。
その時、葉は3つくらいを残して後は取ってしまいます。

1773 パキラ .jpg

ピンぼけ写真しかなくて紹介できませんが、しばらくすると茎に白い粒状のものがたくさんできます。根だと思います。
根が出てきたことを確認したら鉢に植えます。

葉を1本一緒に水に入れて置いたら根ができていたので、ダメもとで一緒に植えました。
この後、どうなるのか、楽しみです。

1774 パキラ .jpg

もう、ちゃんと芽ができています。

1775 パキラ .jpg

切った幹だけの部分にも芽ができています。

1776 パキラ .jpg

こちらは伸び過ぎて切ったほうの幹ですが、同じように芽ができています。
ここから新しい芽が伸びて、新しい茎になり、切り詰めることができるのです。
このようにして「パキラ」は挿し木で増やすことができます。

冬の間「パキラ」の葉が落ちて「枯れてしまった~!」と思う方もいらっしゃると思いますが、大抵の場合は大丈夫! 
根は生きていて暖かくなると新しい芽が出てきます。
諦めないで見守ってあげてください。

今日は無事に年賀状を完成させて投函しました。
息子は風邪気味で咳が出るというので、それを良いことに今年はクリスマスは何もしないことにしました。

11月29日号の「週刊朝日」に記事が載りました。
書いてくださったのはライターの藤井克郎さん。「人生は第二幕がおもしろい 転職の映画人」というタイトルで、俳優のでんでんさん、シナリオ作家の小松與志子さん、配給会社経営の黒崎雅夫さん、映画監督の三上康雄さん、そして私。私のサブタイトルは「もう1回、仕事でワクワクしたい 40の手習いで学んだフィルム編集」です。
映画にまつわる3部作のタイトルも書いてくださっているので、興味を持ってくださる方がおられたら嬉しいです。

nice!(33)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の20件 | - 庭の植物たち ブログトップ