So-net無料ブログ作成

日本で一番古い映画館「高田世界館」    [映画三昧]

実は歴史の古い映画館はいくつかあるのですが、新潟県上越市にある「高田世界館」が素晴らしいのは明治44年に建設された当時の建物が現存していることなのです。
もちろん、修復はしていますが、建て替わっていないのです。

697 高田世界館.jpg

建設当時は「白亜の殿堂」と話題になったそうです。
当時の新潟は今の東京のように栄えていて、兵舎建設のために全国から集められた大工さんたちが居て、その大工さんたちが「高田世界館」を建てたと言われています。

698 高田世界館.jpg

入口の立て看板もなかなかなの年季ものです。

699 高田世界館.jpg

急遽作ってくださった手作りの看板が出迎えてくれました!

700 高田世界館.jpg

建設当時は芝居小屋として建てられたので回り舞台があったそうですが、今は奥の部分をなくなっています。
大正5年、早々と映画常設館になっています。

701 高田世界館.jpg

今も現役の35ミリの映写機は60年以上働き続けています。
何度も修理を重ね今は排熱のための煙突がなくなっていて、ちょっと珍しい形をしています。

「高田世界館」では時々「映写室見学ツアー」を開催しています。
普段は入ることができない「映写室」に入り、映写機を見ることもできますので、ツアーのある日に出掛けるもの良いと思います。

702 高田世界館.jpg

そして、DCPを設置して完全デジタル化もしています。
もちろん、私の作品ようにブルーレイディスクの作品も上映していただける有難い映画館です。

私が最初に撮影に伺った時はイベント時のみフィルム上映をしていましたが、今は火曜日は休館日ですが、毎日上映をしています。
しかも最新作から話題作、インド映画のマサラ上映もすれば、私の作品のような地味な作品まで、若き支配人上野迪音さんが苦心をしてプログラムを決めています。

映画館を応援するのは映画館で映画を見ることです。
どうぞ、108年の歴史を感じながら、若者たちのがんばりに触れてほしいと願っています。

トークをしながらも、25日は『主戦場』を、26日は「上越映画鑑賞会」主催の『ジミー、野を駆ける伝説』を見て合評会にまで参加させていただいて映画三昧で過ごしました。

nice!(44)  コメント(2) 
共通テーマ:映画